お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

お勝手宿題出しちゃいます!Let’s Hula ♬

お母さん大学の百万母力祭まであと1週間を切りました。

私は、昔から、演奏したり、発表したりする機会が日常にありました。
「恥ずかしい」という思いは一応私にもありますが、
それ以上にバックステージのワクワクや、練習を重ねる楽しさ、誰かと一緒に何かをつくりあげる喜びが染みついています。

忘れられない。

さて、
今年はハワイがテーマの乾杯イベント。
しかも、プロのウクレレ演奏家、ガズレレさんのLIVEがあるということは、
その音色に体を揺らさぬわけにいかないでしょう。

皆さん、1曲、一緒に踊りますよ!
安心してください、誰も見ていません(笑)byガズレレさん。

課題曲は、「Pearly Shells(パーリーシェル)」です。
ガズレレさんが演奏してくださいます。

いくつか、Youtubeに動画が上がっていますので、参考に見て、
同じフリでなくても大丈夫、自分のパーリーシェルを踊りませんか?
正解なんてないんだ!だから、間違いもない!

感じて踊る、それだけ。
絶対楽しいから。

8件のコメント

感性で踊る?
幼い子がいたら、その子につられてなんとか誤魔化しながらやれそうだけど、わが子にはもう誰も一緒に踊ってくれる子はいないなぁ。
YouTubeで予習しまーす!!

踊る踊るー!
てか、私も小中学生の頃、音楽部とかに入ってたから、
人前で発表したり演奏したりする機会はそれなりにあったんだけど、
私は練習の時はプレッシャーばかり感じて楽しめないタイプだったなあ・・・
今でもそう(笑)
だから、植地さんや、本部の皆さんがうらやましい。
その代わり、本番は楽しめちゃうタイプ(笑)
ここまで準備したんだから、あとはどーにでもなる、と腹括っちゃうからかしら(笑)

コメントを残す

ABOUT US
植地宏美
お母さん大学横浜支局。 お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜2021.12)。 長女19歳、長男15歳、次男13歳。 お母さん大学をものすごく、楽しんでいます。 結果、 お母さんをものすごく、楽しんでいます。