お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

一つの夢が叶った2021年の夏

長崎被爆者・福島富子さんとの出会いは、ある食事会だった。
たまたま隣同士になり、何がきっかけだったかは忘れたが、
「実は私被爆者なの」と告げられた。
にこやかに話す着物の福島さんと被爆者の言葉が結びつかず、頭の中が「?」に。
もっと話を聞きたくて、
2015年に発行していたわたし版の取材を申し込んだ。

以来福島さんの証言を聞く会を催したいと思いつつ時は経ち、2021年。
お母さん業界新聞社代表の藤本に「原爆証言者の会を開きたい・・・」と相談すると、
「いいんじゃない」と即決定。
福島さんの「着物に力を借りて、原爆を語る〜次世代へ伝えたいこと〜」を
開催することになった。

取材を申し込んだ時もそうだったけれど、
「やりたい」と思ったら声に出せばいい。
百万母力の夢宣言には宣言していな夢だったが、
この夏早々に叶うこととなった。

その後、福島さんとの打ち合わせ、関係本を読み、資料作成。
今まで知らなかった事実を知ったり、
戦争とは?平和とは?といつもより多く考えたりした数日となった。

開催日当日は、20代から70代までの女性が参加。
子どもを抱っこして聞くお母さん、

夏休みだったので子どもたちの元気な顔もちらほら見える。
ウンウンと頷きながら一生懸命聞きいる参加者の皆様。
誰の心にも響く、福島さんの証言だった。

中でも印象的だったのは、
「聞いてくれるだけでいいの。知ろうとすることが平和への一歩」という言葉。
自分には何ができるんだろうと、誰もが思うその答えはなんて簡単なこと。
参加者それぞれが受け取った答えは、これからの課題。
この日感じたこと、考えたこと、心動いたことを
一歩ずつ進めていきたいと思った会となった。

最後に福島さんの夢を紹介。
今でも世界の何処かで、お母さんや子どもたちが悲しんでるニュースが流れています。
そして地球温暖化による被害、止まらないコロナなどなど。
心配なニュースばかりです。
みんなでどうすればいいのか考えて、
誰もが笑顔で暮らせる地球にしたいです。
・・・それと、皆さんのタンスに眠っている着物を出して着てあげてください。
皆さんに着物をたくさん着て欲しいです。

福島さんの夢も叶いますように。

「着物に力を借りて、原爆を語る 〜次世代へ伝えたいこと〜」に
参加していただいた皆様、どうもありがとうございました。

★関連記事

○お母さんだから伝えられること~「着物に力を借りて、原爆を語る」セミナーに参加して~

○私の平和学習の習慣

2件のコメント

12日は、石臼で小麦引きをしてました(汗)(汗)
小麦引きながら、参加できたのに、と、今更思いましたが、
皆さんのレポート読ませてもらって、思うこと、感じたこと
沢山ありました。
今、この時期に、大切な事を伝えていただけ、考えるきっかけをいただける企画をありがとうございました。
着物も、着たいなぁ。

高木さん
お山では色々な作物が増えているんですね。
石引で小麦引き、経験してみたいです。
本当に高知がお隣だったら
私は毎日高木さん家に通いそうです。
着物も一緒に着たいですね。

以下で動画配信されている福島富子さんの証言がありますので
よかったら見てください。
Choose Life Project
https://www.youtube.com/watch?v=4eRXN9PbX6I
決断すれば、今日から核はなくせる。「原爆は人間の行為ではない。それを伝えていくのが私のつとめ」

コメントを残す

ABOUT US

金子涼子
横須賀市の西海岸沿いに住んでいる金子涼子です。 趣味は庭仕事とお出かけ着物ライフ。猫とまったりすること。 夏も麻着物で着物ライフ楽しんでいます。 暑くても着物を着ると、シャキッとするから不思議です。 元旦はここ数年着物で迎えています。 仕事の合間に、庭の草取りや家庭菜園の手入れをしています。 時々電話に出られないのはそのせいです。 こんな私ですがよろしくお願いします。