朝の味噌汁

先日、県外で一人暮らししてる娘と電話で話した。

とりとめもなく、おしゃべりしているうちに、前に、胃の調子が良くないと言っていたことを思い出す。

「胃の調子はどう?」

「あぁ、そういえば、なんとなく、良いかもなぁ。」

「そう、それは良かった。良かった。」

「最近、朝、味噌汁食べるようにしたがよね。そのお陰かなぁ。」

「えーっ。そうながや。そうかもねぇ。」

仕事で、晩ご飯遅くなるから、朝ごはんは食べてないと言ってた娘に、水分だけは取ってよ、と言うぐらいしか、できてなかった私。

なんだか、すごくうれしくなった。

そして、朝、主人と二人で味噌汁を食べながら、娘も味噌汁を食べてると思うと、食卓を3人で囲んでるような暖かい気分を感じることができるようになった。

ABOUTこの記事をかいた人

社会人になった子どもが2人います。 お山で主人と2人暮らし4年目進行中。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。