お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

お兄ちゃん、お帰り!

長男が、初めてひとりでお泊まり&電車に乗った。

この春休み、名古屋の実家に母子で泊まる予定をしていたのだが、
次男が「泊まりたくない」と言い、
だったら長男ひとりで泊まるか、ということになった。

長男だけお泊まりセットを持ち、
母子3人で実家へ。
私と次男は日帰り。

習い事の合宿で、親元離れて宿泊したことは2回あるが、
その時は他の子どもたちもたくさん一緒だったし、
先生たちもたくさんいたので心配しなかった。

けど今回は、祖父母宅でひとりで泊まる。
大丈夫かな・・・いきなり寂しくならないかな・・・
でもまあ、名古屋の実家は数え切れないほど行ってるし、祖父母にも慣れてるから大丈夫か・・・

心配なのは、帰りの電車!

電車自体も乗りなれているが、
ひとりで乗るとなるとやはり心配。

名古屋の都心の駅なので、乗客も多いため、
父にホームまでついてきてもらい、電車に乗せるところまでお願いすることにした。

「念の為、特急の指定席に乗ることにするよ」
と長男。
乗る電車は、指定席車両と一般席車両があるのだが、
一般席だと乗客の出入りが激しいからちょっと怖い、とのこと。
なかなかの慎重派。

私は岡崎の駅のホームで出迎えるため、
あらかじめ乗る電車の時刻と車両を決めておいた。

乗り換えもないし、ひとりなのは乗ってる時だけ、
だけど、やっぱり心配な母ゴコロ。

********

さて、今日一日、ひとりっ子だった次男。

お兄ちゃんがいないので、ひとりで組み立てる。

いつもならお兄ちゃんが作ってくれるのに。
自分でも作れるものの、やっぱりなんか寂しそう。

********

さあ、夕方になった。
お兄ちゃんを迎えに行こう!

バスに乗って、次男と最寄り駅まで行く。
途中、父から「無事乗りました」とメール。

よし、あとは出迎えるだけだ。

待つこと数分・・・

・・・来たー!

すでに出入口にスタンバイしていた長男。
扉が開くと同時に飛び降りてきた。

「お帰り!」
よしよしと頭を撫でて肩を抱く。
母、ひとりで目がうるうる(泣)

そんな母をよそに、スタスタと出口に向かう長男・・・

さて、またバスに乗って帰りますかね。

やっぱり、兄弟が揃ってる方がいいな。

さっそく兄弟げんかもしていたけど(笑)

そしてまた一回り大きくなったような気がする、
もうすぐ5年生。
少しずつ、少しずつ、親離れの予感。

2件のコメント

長男くん、おかえりー!無事帰ってきてくれてよかった♪はじめての体験って、大きくなっても、子も親もドキドキなんですね!そして親の方が頭も心もバタバタしてしまいそう。新五年生、心も身体も、一回りも二回りも成長しそうですね(^^)

コメントを残す

ABOUT US
天野智子
MJプロ/みそまるマスター/お母さん大学岡崎 代表/ 小学5年生と幼稚園年中の男の子2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 旧家の農家の跡継ぎ長男の妻として敷地内同居中。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。