お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

お母さんにしてくれてありがとう

母の日、小5次女が私のために
生けてくれました
ふだん華道のお稽古では
先生が用意してくれた花をいけます
今日は自分の足で近所のお花やさんにいき
自分のお小遣いで買って
それをいけてくれたのです
お手紙には
「絵本を読んでくれて嬉しかった」
と書いてありました
最近、次女から絵本の読み聞かせリクエストが続いておりました
小さいころ毎日20冊以上の読み聞かせをしていた我が家でしたが、
娘たちが自分で読むようになってからは
全くしていなかったことに気付きました
何か心のサインかな?
と少し気になった私は
娘が寝る前に好きな本をここ数週間毎日読んであげていました
それが次女にとって
お手紙に書くほど嬉しかった
それが分かり私の心もぽっと温かくなりました
母の日、私は母と義理母に
お電話をしました
面と向かってはとても恥ずかしくていえませんが
「私を生んでくれてありがとう」
「夫を生んでくれてありがとう」
そんな気持ちをこめて
いつも次女が私にいってくれることば
「生んでくれてありがとう」
私自身が言えていないことに気付かされました
娘たちにはこういいたいな
「お母さんにしてくれてありがとう」

3件のコメント

素敵な母の日ですね♡そして共感することたくさんです!
わたしも子どもがもっと小さい頃、何冊も何冊も絵本を読んでいたのに、
最近自分たちで読むようになったら、一緒に読む時間がとんと減って。
でも絵本読むと、子どももやっぱりうれしそうだし、自分もホッとするんですよね。
20冊はすごいです!!娘さんがお手紙に書いてくれるくらい嬉しかったんでしょうね♪

お母さんにしてくれてありがとう。
この言葉につきますね!あぁ・・・伝えられてなかったなぁ。
今日伝えます。あったかい記事をありがとうございました♪

ゆかりさんの丁寧に子育てしよう、という気持ちがきちんと伝わっているのだなと感じました!
いいですね、ゆかりさん自身もお電話で感謝を伝えられるなんて・・・
私は、なかなかできないので、お花を送っておいて、電話をもらえるように仕向けています(笑)

コメントを残す

ABOUT US
伊藤由香里happyな生き方デザインカウンセラー
お母さん業は一番の本業でありたい。これが私のモットー。 小中学生2児の母。専業主婦8年を経て、お母さん業も薬剤師業もキャリアコンサルタント業も全て本業に。結果的にパラレルワークとなりましたが、これが自分らしい働き方・生き方。「心の利き手」の観点から自己理解・相互理解の専門家として活動中です。日経xwomanアンバサダーとしてライター活動も。治療と仕事の両立支援コーディネーター。現役薬剤師キャリアコンサルタントとしてどう社会貢献ができるのか常に模索しております。