お兄ちゃんにはなりたくないの

「赤ちゃんには、〇〇くんって呼んでほしい。お兄ちゃんとは呼ばれたくない」

という5歳の息子。

現在、私のお腹には12月出産予定の赤ちゃんがいる。

性別はわかっていて、

息子の望み通り、男の子。

「一緒に遊べる」と、赤ちゃんが生まれることに関しては喜んでいるのだが、

自分が「お兄ちゃん」になるというのは、どうも微妙な気持ちらしい。

まわりから「お兄ちゃんになるんだね」と言われても、なんだか微妙な顔をする。

そりゃ、6年近くも一人っ子で、

周りにも同年代の従兄弟がずっといなかったので、

みんなが自分に集中してくれてたわけで。

なんとなく、今までとは違う空気を感じ取ってるのかもしれない。

 

でも、もともと小さい子が好きな彼。

先日、遠方に住む従兄弟と初対面した時も、

お世話したり遊んであげたり、と楽しそうに過ごしていた。

今日も、

「赤ちゃん生まれたら階段の上り方教えてあげるんだ」

と言っていた。

どんな兄弟になるのかな。

いまから楽しみ。

 

4 件のコメント

    • コメントありがとうございます!
      妊娠してから、抱っこできなかったり、自転車に乗れなかったりと、
      がらっと生活が変わってしまったので、
      今までとは何か違う、ということを彼なりに感じてるんだと思います。
      初めての試練…そうかあ。
      なかなか体調もしんどくなってきましたが、フォローしながら、
      あとわずかの一人っ子生活を楽しみたいと思います。

  • みんなが6年ぶりに迎える赤ちゃんのことをそれぞれに期待しながらも、あれこれ想像してしまうところでしょうね。
    一人っことしての残り時間は2か月余りですね。
    秋の過ごしやすい季節をしっかり楽しんでください。

    • コメントありがとうございます!
      6年ぶりでいろいろ忘れちゃってるので、
      育児できるかなと不安もあるし、
      二人育児が未知の世界なので、正直戸惑いもあります…
      でもそれはみんな同じですね。
      あと2ヶ月余り、一人っ子の息子をめいっぱい可愛がろうと思います。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    天野智子

    小学3年生と2歳の男の子の、2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。