お兄ちゃんの存在を再確認した日

小学生3人と父がキャンプへ出かけて行った。

ついつい上の子の行動に合わせた生活をしてしまうため、遊ぶ場所も2歳の末っ子には難しい時も多々ある。

小学生がいない間、末っ子メインでの遊びを思いっきりやってみようと、密かに計画。
しかも大人1人子ども1人だから楽だと思っていたわたし。

ところが、
「帰ってくるまで、家で待っている!」
「帰ってくるまで、ご飯食べない」
そんなことを言って、2日間おうち生活。

産まれた時から常に相手してくれるお兄ちゃんたちに囲まれていた四男。

静かな家は落ち着かないのか「帰ってこないね」とカーテンから駐車場を眺めたり、家の中をウロウロ。

「ママ遊ぼ〜」「本読んで〜」
ママコールが鳴り止まない。

洗濯物も食器洗いも諦めてとことん付き合う。
トイレにも行かせてくれないくらいの勢い。。
夜もべったりで布団から抜け出せない。

いつも男児4人で騒がしいけれど、
喧嘩が絶えず誰かしらが泣いて訴えてくるけれど、
1番助けられていたのはわたしだったんだ…と気がついた。

お兄ちゃんたちがいるから、
家事も割とスムーズに進む。
夜もわたしが離れても寝てくれる。

四男と共にお兄ちゃんたちの帰りを待ちわびた日曜日の昼間。

ワイワイと帰宅してきたお兄ちゃんに大喜びの四男は早速遊び始め、それを眺めながらわたしもようやく日常の生活リズムで動ける有り難さを噛みしめたのでした。

4 件のコメント

  • 偉大なるお兄ちゃん。

    いつも、いると、気づかないけどね。
    そうやって、兄弟は、これからも、大人になっても、助け合って生きていきます。

    それにしても、4人兄弟、男だらけ。

    将来は、お母さんは安心だね。

    あ、これにお父さんが入ると、男5人!

    何があっても、大丈夫ね。

    心強いね。

  • わかりますー!
    うちは二人兄弟ですが、
    お兄ちゃん大好き次男は、
    長男がいると一緒に遊びたがるので、
    その間私は家事などに勤しむことができるけど、
    長男がいない時は、私べったりで・・・
    2人揃ってるとケンカにもなるし、あー!もー!とイライラすることもあるけど、
    私も長男に助けられてるなあといつも感じます・・・

    • 下の子はお兄ちゃん大好きですよね。
      子ども心がわかるからか、いいタイミングでの声かけやリアクションがあって感心してしまいます♪
      ケンカすると、あー!もー!ってイライラ、激しく共感します!!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    松本茉莉

    4人の男児の母。 耳がきこえないママが地域に住むきこえる人と繋がれるようなきっかけづくりをしかけるために活動中。 また、発達障害を持つきこえる子どもを育てているきこえない親が集える場、情報交換ができる場、勉強できる場を定期的に開催中。 文字を書くことが好きなので、母親目線、当事者目線で発信していきたい。