キャンプ場到着子どもだって出来る限りお手伝い

今回のキャンプ地は標高1700mの高地

9月の中旬なのに

昼でもかなりの寒さ

しかも

台風が近づいているので

天気は思わしくなく

すでに

辺りに霧が立ち込めている

というか完全に雲の中

 

場内は車禁止なので

リヤカーで荷物を運ぶことに

たくましく成長した娘たちが

運搬を担当

 

 

さて

本格的に雨が降りだす前に

バーベキューをしなくては

温泉も入ったし

携帯も通じないから

あとは

食べることしかすることが無い

午後2時から

ひたすら食べることに決めた

 

数年前に

キャンプの最中に台風に遭い

タープが吹っ飛んでしまったのを教訓に

今回はバンガローをチョイス

 

 

炭起こし用とバーベキュー用のコンロを

パパがセッティングしたら

炭に火が点くまで2人で扇ぎ続けさせる

すぐに「疲れた」とかぶうぶう文句を言うけれど

美味しいものを食べるには準備が大切

 

 

洗いものをしたら

水が冷たかったようで

自分が起こした火で暖をとる娘

キャンプのお愉しみはこれから

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

八木橋 真心

日本文化をこよなく愛する2児の母。 川柳創作3か月で全国紙デビュー。以降、毎月自身の川柳コラム掲載中。 笑いあり涙ありの子育てを川柳を交えながら、ブログ、FaceBook、Instagramで発信中。