お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

宿題「子どもの頃していたお店やさんごっこ」勘違いから始まったノスタルジア

今度の宿題は、【お母さんが、子どもの頃していたお店やさんごっこ】だったのだけど、読み誤ってこれも自分の子に聞いてしまった。そしたら、追憶にふけってしまい、何とも懐かしくて寂しい気持ちになってしまった話。

私「どんなお店やさんごっこしてた?」

中1「ドーナツ屋さん、パン屋、スーパー、八百屋さんとか」

小4「そうそうそう!まず準備大変やったよね?棚の隙間におもちゃのドーナツとか全部並べてさー」

中1「そうそう!準備で1時間はかかるんよね?レジとかも、机並べて作ったよね?」

小4「そうそう!野菜とかはおもちゃのがあるけど、他のはね、家にあるもので、なんか使えそうなやつをね、色んなとこから探してきて、台作ったり、棚作ったり、レジの袋とかね、紙袋とか、かき集めて、その準備も大変やった(笑)(笑)」

中1「で、やっとお店やさんができる!ってなったら、今度は誰がレジをするかで、喧嘩になるんよね?(笑)(笑)(笑)」

小4「そうそう!みんな店員になりたいんよね?」

中1「で、まぁ、やっとやっとお店やさん始まったらね、みんな、喋り方とか変わってね、キャラ変するんよね?」

小4「ゲラゲラ!そうそう、声が高くなってね(笑)誰?っていうキャラになるよね?」

中1「でも、全然恥ずかしくないんよね?もうなりきっちゃってさ」

小4「でさーでさー、ぜーんぶ買ったら、今まで客やった人が、一瞬で運送業者になってね、「お届けにあがりましたー」ってね、またそのお店の棚に並べていってね、並び終わったら、また一瞬で客に戻るんよね?で、いらっしゃいませ〜、トマトくださーい、って、また買い物が始まって、」

中1「そうそう、そのループをね、延々朝から晩まで繰り返してたよね?(笑)(笑)(笑)」

私「(笑)(笑)(笑)そうやったねー。お店やさんごっこ、ずーーっとねー、そこの和室のとこでねー、やってたね!あ〜、ついこないだまで、それが日常だったよね?」

中1「うん。。。。。そうやね。。ついこないだまでしてた気がする」

私「けど、、、もうずーーっと前のことやね。。。」

「そうだね。。。」

みんな シ~ン。。。。。

 

 

。。。。。。

 

 

中1「寝よっか」

小4「うん、、、」

おやすみ〜。。。

それから、天井ぼんやり眺めて、なんかみんなが小さかった頃を思い出してね、

キューンって、懐かしくて寂しい気持ちに。

だいぶ写真撮ってきたはずなのに、毎日毎日普通にずっと続いてて、そこに当たり前にある光景だったからさ、当たり前過ぎて、お店やさんごっこしてる写真や動画が1枚もないんだよねー。あーあ、悔やまれるぜぃ。

 

あのふすまの向こうで、子どもたちが、夢中でお店やさんごっこしていたんだよねー。

 

お店やさんごっこ大好き三姉妹への、いつぞやのクリスマスプレゼント↓

あ〜、お店やさんごっこしているとこぉ、残しときたかったー(まだ言ってる!シツコイ(笑))

7件のコメント

うー、せつない。
なんだか私もまるでその頃の中村家をみたことがあるような気持ちになってしまった…。
写真はなくても、鮮明に心に残っていることが、大事だと、強く思いました。

確かに!!!写真ないのに、こんなに鮮明にみーんなの心に蘇る思い出って、写真あるより物凄く尊いですね。何でも、何かに頼らなきゃ覚えとききらん退化した私の脳みそにもw ちゃんとメモリーされてる!
あー、奇跡☆

記事のタイトルがいいですね!
ミニシアター系の映画作品みたいで
面白い

わたしの尊敬する宮台真司氏は
同じ世界に入ると言うことが大事と
言っていて、まさに お嬢さんたちは
同じ世界に入り 相手を自分のこととして
喜び 混ざって遊んだ記憶が残っている
いやあ!素晴らしい!

気になったのは
クリスマスプレゼント
あれ 欲しい(笑)

タイトル、ククク。なんちゃってですが、ちょっとそういう世界観、意識してみました。

「同じ世界に入る」その世界は、勿論!こんなふうに思い出した時、みーんなで笑い合って喜び合える世界じゃなきゃですね!

※コロナは、ある意味世界を同じ世界にしたけど、全然笑えない。全くもっておもしろく無いですもんねー。

トップの写真も最後の写真サイコー

私も欲しいわー--クリスマスプレゼント♪

中村家の3姉妹、このためにうまれてきたんではと思わせるほど楽しそうね。

たくさんたくさん3人で遊んだ日々のことは形を変えて進化していくんだろうな。

この年の差がある3人で遊んでる感じが、何ともかわいらしい。

子どもでも、思い出してしんみり、なんてあるんですね。なんだか切ない...。

子どもが当たり前にしていた光景、意外と写真、撮ってないですよねー。
子どもだけで遊んでくれてて楽だわ、と思ったりで。
きれいに写真に撮ったシーンじゃないところに日常があったりしますもんね。

コメントを残す

ABOUT US
中村泰子
三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 したいことは、母娘旅行をすること。