「あまどころ」と「なるこゆり」

昨日は、お母さん業界新聞のデザインをされてる金子さんとウェブ上でミーテイング。

というか、エリア版を作るにあたって、インデザインの操作方法を教えてもらうために
時間を割いていただき、わからないところを教えていただいた。

質問が一段落したところで、

「高木さんの後ろに活けてあるお花って何?」と金子さん。

お花の大好きな金子さんは、画面の隅に見えたお花に気がつかれたのです。

「なるこゆりです。山のお家の周りに結構たくさん咲いてて。」と私。

「あまどころかと思ったら、そうじゃないのね。
似てるけど、花のつきかたが違うのよね。
あまどころは、一つづつお花がつくけど
なるこゆりは、二つづつ1箇所からお花がついてるのよ。
なるこみたいでしょ。」って金子さん。

なるこゆりってそういういみだったのかあ、と初めて知った私でした。

インデザインだけじゃなくて、お花のことまで教えていただけて
金子さん、ありがとうございました。

とっても、実りあるウェブミーテイングでした。

あまどころ

なるこゆり

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

社会人になった子どもが2人います。 お山で主人と2人暮らし4年目進行中。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。