はじめての手紙

昨日から風邪をひいたみたい。鼻がずるずるで寒気がする。なんか調子が悪い。

学校から帰ってきた長男(小1)が「ママー」とやってきて、ランドセルからガサガサと取り出したのは、くしゃくしゃの折り紙。はじめての手紙だった。

「ままへ かぜがなをるまでぼくがままのおてつだいをします。かぜがなをったらたぁーざんろうぷを1とりでできるのをみせるから しょうたより」きったない字だけど。

本当に手伝いしてくれるもんか怪しいけど。わが子からの手紙は、こんなにうれしいんだな。そんなことを教えられた、はじめての日。

公園へ、ターザンロープしに行かなきゃね。

安達真依/久留米市

(お母さん業界新聞201801/MJコーナー)