お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

サプライズな贈り物に、ちょっとした手土産に!みそまる、横浜そごう初出店

みそまる、いよいよ横浜そごう初出店です。
昨日から1週間限定ですが、
B2フロア、正面入り口から入ってすぐ
(コンシェルジュ前)の特設スペースで販売中!
 
即席みそ汁「みそまる」が誕生して、約7年。
 
売り場にいると「あー知ってる」
「これ気になってたんだー」
「つくってみたけどうまくいかなかったんだー」
「新聞か何かで見たことある」と、
言ってくださる方が増えているのを感じます。
 
でもでもまだほとんどの方が
「えーっ、お菓子かと思ったのにー
「味噌汁なんて、信じられない」
「すごーい、いいねー」
「ちょっと人にあげるのにいいわね」と
こちらもびっくりするくらい驚かれます。
 
1300年も前から味噌を食べ続けているのはなぜか、
味噌がどれだけ体にいいのか、
みそまるが簡単・便利で美味しい理由、
味噌と食材にどれほどこだわってつくっているか、など、
やっぱり説明商品であることを感じます。
 
売り場では、
みそまるの生みの親、ミソガール藤本智子が
詳しくご説明させていただきます。
 
まだ、みそまる に遭遇したことのない方。
 
わずかですが、試食もございます。
味をお確かめになって、
みそまる1個300円(税抜)の価値を納得してご購入ください。
 
ひやかしでもいいので、
この機会に、ぜひ、横浜そごうまでお越しください。
 
営業時間:10時~20時。6月4日(月)までです。
 
宝石のようなショーウィンドウにディスプレイされた
味噌の色には惚れ惚れします。
 
ちなみに、みそまるはネットでも購入できます。
送料はご負担いただきますのでご了承ください。

1件のコメント

付加価値をつける時代に突入したからこその「みそ丸」だと思います。
デパートは目玉商品を探す時代であり、そこに外国人にも知ってもらうための商品になるはずだから。
日本人にとっては味噌汁の見直しであり、外国人にはキラキラ輝く宝石のような簡単スープ。
味噌は世界進出になっていく予感がします。

コメントを残す

ABOUT US
編集部 青柳 真美お母さん大学本部
お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。みそまるマスター。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子(29歳)。