お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

【宿題】私たち夫婦のこと(お母さん業界新聞11月号)

すっかり涼しくなりましたね。
週末はあいにくのお天気でしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

「母の湯」には、少しは慣れましたか?
まだ入れていない方が近くにいたら、ぜひお誘いしてください。

さて、11月の宿題MJ30です。

11月22日は「いい夫婦の日」。
これにちなみ、「私たちこんな夫婦です」というのを教えてください。

いい夫婦というと、理想的な夫婦を描きがちですが、
夫婦の在り方もいろいろ。
お母さん大学では、いろんなカタチの夫婦の姿を伝えたいと思います。

グチやお笑い、のろけ話、おおいにけっこう。
改めて、自分たち夫婦のことを考て、発信してみてください。

 

例)
うちの夫は、いくつになっても家族より自分。自分が大好き。父親、夫というより相棒。私も夫にあやかって、自分大好きな生き方をしようかな。子どもたちにも、それがわが家の家族のカタチだと伝えたい(百万母子)

結婚記念日に毎年、お花を買ってくる夫。本当は、花より団子と言いたいけど、毎年、何の花にしようかと、花屋で30分もかけているらしい。私はその日、夫の好物をだまってつくる(百万父子)

 

皆さんの回答が、11月号のMJ30(P8)に掲載されます。

※字数は60字~100字程度。複数回答歓迎。

※本名発信が原則です。

★締切は、10月22日(日)必着。

提出は、当サイトのフッターにある「母の湯>宿題コミュ」【宿題1711】http://www.okaasan.net/commu/homework/へのコメントか、
メールでinfo@30ans.com へ。

この時、必ず、青柳の出題にコメントするカタチで回答お願いしますね。

直メールの場合は(1)本名/(2)ケータイ(日中連絡がとれる番号、アドレス)を記し、
タイトルは「夫婦/名前」でお願いします。

では、どうぞよろしくお願いします!

お母さん大学 info@30ans.com TEL045-444-4030

2件のコメント

私達夫婦のこと 蛭田ひとみ
うちは仲間というか、同志というか、そんな夫婦です。相手のやりたい事があったら全力で協力助け合いは当たり前。でもありがとうは忘れないでいたいと声を掛け合う仲です♪

夫婦n。一人目の時よりかは色々言ったらしてくれる。休みは自分の時間が大切な人でもパチンコで少しでももうけたらご飯につれっててくれる。私は自分の時間がほしいときは旦那にお願いするといいよ。っていってくれる。

コメントを残す

ABOUT US
編集部 青柳 真美お母さん大学本部
お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。みそまるマスター。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子(29歳)。