30年前と今のお母さんの夢は違う?◆乾杯25日前

30年前は、お母さんが夢を描くことさえできない時代だった。

以前の記事にも書いたが、お母さんたちに夢を聞く意味は、
「子育て」という枠に、自らがんじがらめになっている
お母さんたちを解放することでもあった。

「子育てをしている私が、夢を描いていいんですか?」

そう話すお母さんたちが夢を描き出すと、
本当に、見る見る表情が変わっていった。

そんな時代のお母さんと、
今、子育てをしているお母さんとは、何が違うのだろうか?

 あれから30年、子育ての環境は大きく変わっている。
誰もが発信できるITは、孤立した子育て社会をつないだともいえる。

便利で豊かな時代。
モノや情報もたくさんあって、
好きなことをやろうと思えば、なんだってできる。

もう、お母さんたちは、夢を描かなくても、十分に笑顔なのだろうか?

幸せな子育てができているのか?
いい時代になっているのだろうか?

けれども現実として
子育て環境は、良くなるどころか、ますます悪化…。

モノや情報、サービスがあふれているこの時代に、
お母さんたちに本当に必要なものは何だろう?

29回目の「お母さんが夢に乾杯する日」。

それは、改めて、お母さんたち自身が、
未来の子育てをどう創造するのか、考える日でもある。

7月30日は「お母さんが夢に乾杯する日」

ABOUTこの記事をかいた人

藤本 裕子

株式会社お母さん業界新聞社 代表 お母さん大学 学長 お母さん業界新聞 編集長 娘3人、孫4人 大好きなもの:TUBE・温泉・ビール