『およげ!たいやきくん』のモデルになった麻布十番の浪花家総本店

「まいにち まいにち ぼくらはてっぱんの
うえで やかれて いやになっちゃうよ~♪」

あまりにも有名なこの曲

売り上げは約457.7万枚で日本で一番売れた曲

そのモデルになったのが

麻布十番にある浪花家総本店(なにわやそうほんてん)

 

しかも

今川焼を鯛の形にして売り出した

たい焼き発祥のお店なんだとか

 

しとしとと降る雨の中

店頭でたい焼きを予約する

「大体45分くらいですね~」

名前と個数を言ったあと

お店の人から待ち時間を告げられる

たい焼きを受け取るのに約1時間待ち

さすがは超有名店

 

 

でも

焼いているところをのぞくと

職人さんたちが1匹ずつ手焼きで焼いている

街のたい焼き屋さんによくある

鯛がならんだ鉄板に生地を流し込むのとは

わけが違う

これは時間がかかっても仕方がないかなと思う

 

 

1匹ずつ丁寧に

でもスピーディーに焼きあがるたい焼き

注文が次から次と入るので

職人さんは息つく暇もない

 

45分後にやって来て

店頭で少し待って

やっと

有名なたい焼きを受け取ることが出来た

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

八木橋 真心

日本文化をこよなく愛する2児の母。 川柳創作3か月で全国紙デビュー。以降、毎月自身の川柳コラム掲載中。 笑いあり涙ありの子育てを川柳を交えながら、ブログ、FaceBook、Instagramで発信中。