息子の気づき

長男シリーズ。

私のためにも書きとめておこうという思いで書く事に。

 

長男が家を出て初めて気づいた気持ちを

本人が冷静に連絡してきた。

「父さんと母さんが喜ぶと思って」

その就職の道を選んだと。

まぁ、他にも色々理由はあったけど。

でも、

その選択は間違っていた事に気づいた。   らしい。

私はぜんぜん強要したつもりもなく、

その子どもの

「親の喜ぶため」

にちょっと胸が苦しくなった。

「自由に生きていいんだよ」

そう声をかけた。

大海原に飛び込んだ息子は

もがきながら沢山の事を学んで

自分の進む道を探しているようだ。

(写真は実際に仕事先の富士で息子から送られてきた画像です!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8 件のコメント

  • 優しい息子さんなんですね。
    モラトリアム期、存分に悩んでいいと思います。
    私は、あれ?違ったー…と思った前の会社の経験、大いに生きてます。
    人生一度きりです。
    応援団がたくさんいますね(*^^*)
    お母さんは応援団長!

  • 素敵な写真!
    私も20代後半くらいまで、ああでもないこうでもないと、道を探してましたよ~(少し前に母の湯の方に書きました)。
    聖子さんと同じく、迷ったり失敗したりした経験が生きてます。
    まだまだ若いからたくさん回り道しても大丈夫ですよね。

  • >父さんと母さんが喜ぶと思って

    いい息子だね。

    >その選択は間違っていた事に気づいた。

    まだ、わからないよ。

    慣れない経験に、甘えたくなったんだよ。

    どんなことも、まず、3年、本気で一生懸命がんばってみる。

    そうすると、見えてくるって。

    心配になるけど、歩くのはわが子。

    見守ってあげるしかないんだよ。

    • 2年の任期で一区切りなので、まず2年やって欲しい
      気持ちがありますが、
      本人がくじけてしまって(-.-;)
      私は話しを聴いたり、
      励ましたりしています。
      見守るのも忍耐必要ですね~!

  • たくさんの選択肢がある現代に、自分の人生を切り開くのって、
    実はどんどん難しくなっているのかもしれないですよね。

    自分が自立して、【両親を安心させなきゃいけない感】が、
    息子さんの心を窮屈にしたのでしょうか…
    優しいなぁ。

    良い意味でも厳しい意味でも、自分の人生に責任を持つ過渡期なのかもしれないですよね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    土居千奈美

    横須賀市局の土居 千奈美です! 3人の子供のお母さんです♪ 趣味はライブ参戦です! よろしくお願いします(^-^)