姉弟の連携プレイ

この日は、先日パパと釣りに行ったときの戦利品を
子どもたち二人が協働で夕飯づくり。

息子が、魚を切り身にして

娘が、それを天ぷらにする。

見事な連携プレイ!
完成品はこちら

しかも、

・岩塩
・ぽん酢
・醤油

の3味まで用意してくれた。

もぉ~~~!!!!
なんて子どもたちなの~~~!!!!(≧▽≦)

良く出来過ぎて、何も言えない…
なんか、もしかして私が一番格下なのかしら?(笑)

その昔、九州のお母さん大学生に言われた言葉。

「今はすごく手がかかって大変かもしれないけど、
いつかかならずその手が返ってくるよ」

子どもたちにかけた、私の2つの手が。
今こうして、4つの手で返って来てるんだなぁ~って実感。

でも、その教育をしたのは、
私ではなく、パパなのでした~(笑)

パパに感謝!

ちなみに…
この天ぷらは、ものの数分で
私たちのお腹に消えていきました(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真美

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。