おにく~

おにく~
と昨晩娘は大泣き。

朝夕は食後にヨーグルトを食べる。
つまり、「ヨーグルト!」と娘が言う=ご飯は終わりと判断している。

大好きなチキンナゲットが1つ残っていたけれど、
ヨーグルトコールがきたのでヨーグルトを出して、
「お肉いらないのね」と言いながら余ったチキンナゲットを私がぱくっと。

そうしたらしばらく「ずるい、おにく~おにくがたべたい~」と大泣き。

昨日は「ずるい」に反応して応戦してしまった。
「ちゃんと聞いたよ?それでずるいっておかしいでしょ!」

さらに泣く…。

いつもなら娘の好物が余っていたらキッチン内で見えないように食べているが、昨日は移動するのもめんどくさかった(言い訳すると、娘は火曜夜から・私は昨夕から風邪です)。

大人げなかった。
穏やかなお母さんにはなれなかったな。

仲直りは二人でヨーグルトを食べることで完了。

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

お母さん歴約5年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長。年中の娘&2019年11月生まれ息子2人の母。たまにお母さん大学本部公認“企画担当”します! 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師/和みのヨーガインストラクターです。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!昔からある簡単お手当でお母さんゆるみましょー *アメブロも始めました!*https://ameblo.jp/sattsun2525/