お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

「かいきん賞」という目標を持った娘

期せずして1学期の終わりに

「かいきん賞」の賞状を受け取った娘2人

のほほんとした長女はそれほどでもなかったが

次女はとても嬉しかったようで

「2学期も、絶対『かいきん賞』を取る!」

と宣言した

 

寒くなって風邪が流行りだすと

毎日体温をチェックして

自己管理に務める

一生懸命野菜を食べたり

ちょっとだるい日は早く寝たり

 

その甲斐あって

2学期も無事に「かいきん賞」をもらうことが出来た

頑張る次女につられて

長女も皆勤賞

6年生になると「かいきん」の字も漢字になる

 

これに発奮した次女は

3学期も「かいきん賞」をねらうようで

寒さが続く日々に

元気でいてくれることは

親にとっても嬉しいこと

さらには

自分の体調管理を通して

どんどん自立してくれて

もう「かいきん賞」様様である

 

日頃から娘たちには「好きな事すれば?」と

放置気味にしているが

自分で持った目標への取り組みは

やはりモチベーションが違う

子どもが一生懸命取り組む姿は

見ていて楽しくなるし

本人も細かいことなんか気にせず

たくましくなる

 

先生が賞状に名前を入れ忘れたのも気にしないくらいに

8件のコメント

自分で持った目標はモチベーションが違う…
そうなんですよね!
娘ちゃん、3学期もがんばれ!

先生、大事なもの忘れないで〜

娘は特に気にしないようで「ママが書いて~」と言っていました。
おっとりした先生のようですが、色々なタイプの先生と接するのも学びかなと思います。

コメントを残す