一杯の珈琲

しょーたが入れてくれた珈琲は格別だ。

インスタントだけどね。

小学生になって、もうポットでお湯を注ぐのも自分でできるかなってなって。
急須でお茶を注ぐことから始め。
じゃあ、珈琲も入れられるよ!ってなって、入れ方を教えた(インスタントだけどね)

そうしたら、「コーヒーのむときはいってね!ぼくがつぐから!」って言ってくれるようになった。

誰かに入れてもらった珈琲は美味しいね。
幸せだ。

お母さん大学久留米 安達真依

~お母さん業界新聞ちっご版は、こちらで配布しております~

新聞配布先一覧(ちっご版)

ABOUTこの記事をかいた人

お母さん大学久留米の事務局長☆あだっちゃんです。 旦那さんの実家に完全同居。 嫁姑問題に立ち向かいながら、同居のいいとこ探します。 元気もりもりな5歳7歳9歳の息子3人と体力勝負の毎日です。 #同居嫁、#年の差婚、#男児3人、#不登校、#PTA役員、#保育園、