やっぱり過保護

「チャリの鍵、なくなったから、公園に置いたまま歩いてサッカーいくね。」

そう言うと携帯が切れた。

???なことばかり。

とりあえず、サッカーの時間だから自転車は置いたまま行ったのね。

だからどうすればいいのか、そのあとはどうするつもりなのか、教えて欲しい(笑)

車で外出中だったので、帰る途中に公園に寄ってみる。とりあえず自転車はある。鍵が抜かれている。

一度家に帰り、サブの鍵を手に、今度は歩いて公園まで行く。

事情を知っている子どもの同級生たちに声を掛けられ、ちょっと恥ずかしい中、

そのまま家に自転車で帰ってしまおうかとも思ったけど、

でもサッカーで疲れて歩いて帰ってくるのかわいそうだな。

低いサドルの自転車に乗り、サッカーのグラウンドまで乗っていく。

プレイ中の息子に声を掛けると迷惑そうに「分かったよ~、もういいから。」とあしらわれる。

トボトボ歩いて家まで10分。

さ、疲れたけどご飯作ろう~~♪

こんなに振り回されても、全然イライラしないな。

むしろ、満足(笑)

あ~過保護。

※写真はず~っと前の可愛い時。

ABOUTこの記事をかいた人

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。