お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

初夏を思わせる庭に咲いた芍薬

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花
の芍薬が咲いた。
牡丹と花はそっくりだけど
牡丹は木に対して、芍薬は花
冬は地上から姿は消し
地下茎で生きて春に目を覚ます。
芍薬ベビーは

やがて育ち蕾をつけて

大輪の花を咲かせる

風が吹くと花の重さに揺らぐ姿も美しい。

2件のコメント

我が家のシャクヤクは2種ですが、日差しが強くってあっという間に咲き終わっています。
そしてあっという間に草が勢いづいていて、これを見ると憂鬱になりそうです。
宿題をたくさん与えられた気分と似ています。(笑)

草は刈っても刈っても生えてきますね。
私は結構草刈りが好きです。
終わった後は、宿題をやり終えたような
すっきりとした気分になります。
でも枝物はついつい切りすぎて
少々みすぼらしい姿になってしまうことも。
池田さんちの2種類の芍薬を見たいです。

コメントを残す