初夏を思わせる庭に咲いた芍薬

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花
の芍薬が咲いた。
牡丹と花はそっくりだけど
牡丹は木に対して、芍薬は花
冬は地上から姿は消し
地下茎で生きて春に目を覚ます。
芍薬ベビーは

やがて育ち蕾をつけて

大輪の花を咲かせる

風が吹くと花の重さに揺らぐ姿も美しい。

ABOUTこの記事をかいた人

金子涼子

横須賀市の西部海岸沿いに住んでいる金子涼子です。 趣味は庭仕事とお出かけ着物ライフ。 仕事の合間に、庭の草取りや家庭菜園の手入れをしています。 時々電話に出られないのはそのせいです。 また、夏も麻着物で着物ライフ楽しんでいます。 暑くても着物を着ると、シャキッとするから不思議です。 近況は、編集部とパソコン環境を揃えるために 一時Windowsで制作しましたが、どうも画面が見ずらくて 目がしぶしぶ、頭も痛くなり… 買い替えるパソコンはMacに変更しました。 こんな私ですがよろしくお願いします。