お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

大切なのはどれだけ心を込めたか

「大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心を込めたかです」

これは、マザーテレサさんの言葉です。

高知版を作り始めた頃、表紙写真撮影に向かう車のFMラジオから流れてきました。

気持ちばかり焦って、あれもしたいこれもしたいで、失敗を繰り返してしまっていた時で
「そうだ。落ち着いて、一つ一つ心を込めて進めていこう。」と思ったものでした。

そして、メモに書き留めました。

先日、そのメモが出てきて、ハッとしました。

高知版が9月号で終了することになり、
あれもしておかなくては、これもしておかなくてはと、バタバタたくさんのことを
詰め込もうとする自分がいました。

「そうだ。落ち着こう。一つ一つ心を込めていこう。時間は限られているのだから、
心を込めることに集中しよう。」と。

あと、1ヶ月半。

お山の夕日を眺めながら、繰り返しつぶやいた。

「大切なのはどれだけ心を込めたか」

4件のコメント

心を込めて仕事をすると、どうなるか。

自分の心がうれしい。

それが、相手にも伝わります。

心を込めた新聞をつくってくれて、ありがとう。

この言葉を、高木さんのお母さん業界新聞をつくった意味だと思います。

マザーテレサではなく、高木さんの中にある、お母さんの心の言葉。

「大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心を込めたかです」

最期の日まで、楽しんでください。

コメントを残す

ABOUT US
高木真由美
社会人になった子どもが2人います。 お山で主人と2人暮らし4年目進行中。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。