息子のバスケに学ぶ

台風一過の今日。
息子のバスケの練習試合で、早朝から体育館に詰める。

早朝なのにもかかわらず、
親たちも子どもたちもテキパキ動く。
さすがだな~と感動しつつ、私もトイレ掃除をそつなくこなす。

今日の試合は3試合。
結果は全て惨敗だったけど。
最後の試合は、なかなか面白かった。

ちょうどサッカーの試合から帰って来た子どもたちが
体育館に来てくれて、一緒に応援してくれたのだ。
人数も多かったせいか、声援も大きく、点数が入れば大拍手。
テンションも上がっていく。

と同時に、子どもたちの動きが良くなっていく。
パス回しもいいし、点数も入っていく。

チームプレイはメンバーへの信頼はもちろんだが、
回りの雰囲気(応援)も大きなチカラになるんだなぁ・・・と。

それはきっと、大人も同じ。
自分一人で頑張ってもダメ。
チームが一丸になることはもちろんだけど、
回りのサポートも絶対大事。

そうやって、全てが回っているんだなぁ…
そんなことを、息子のバスケの試合から学びました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真美

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。