国境や種…星さえ越えて

夏休みの絵画コンクール

 

今年のテーマは

「未来の私、未来のこのまち」

 

少し難しいかな…なんて思ったけど

ぐんぐん想像の翼を広げ

白い画用紙に素敵な未来が拡がっていく

 

長男が描いたのは…

 

豊かな自然と新鮮な食材

色んな国の人と動物、そらから…宇宙人

そしてみんなが一緒に暮らせる大きなお家

 

 

そこには国境や種族

生き物の垣根はもちろん

惑星さえ越えて誰もが笑顔の

未来が描かれていた

 

「楽しい街になったでしょ?😆」

と微笑む無邪気な瞳

 

どうか平和が続きますように

 

この子のこの手が

武器など握る日が来ませんように

 

どうか子ども達が思い焦がれる

素敵な未来が守られますように

 

心から願わずにはいられません

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

大蔭幸

徳島市在住の絵本セラピスト。3歳と6歳の兄弟ママ。 子そだてに役立てたいと学び始めた“絵本”の力に魅了され、絵本セラピストの資格を取得。大人向けに絵本を使った癒しと気づきのワークショップ“絵本セラピー®”を開催中♪