ひらがなゼッケン

 

娘22歳、教育学部初等幼児教育専攻学科の4回生。

これまでの教育実習では幼稚園、小学校にお世話になり、今は支援学校に通っている。

胸に大きく名前を書いたゼッケンが必要で、洗い替えも考えて3枚のTシャツに二人でつけた。

この娘が生まれた頃はハタチを超えてまで一緒にこういうことするなんて、考えもしなかった。

これまでいくつもの分岐点や決断、挫折もあり、今こうしてがんばる娘を見ると

どれ一つも無駄なことなく、未来につながってるんだろうと思える。

人生ってわからんもんやな。

「も~!忙しいんやから自分でし~ってゆ~てたやろ?結局いつもお母さんやんっ!」とグチグチ言いながらも手伝ってしまう。

ま、このくらいしか手伝われへんねんけど。あとは応援するのみ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪