朝の連続テレビ小説が運んできてくれるもの

父の病室で、毎日、朝の連続テレビ小説を見るようになった。

子どもの頃、毎日、家族で朝の連続テレビ小説を見ていた。

始まる前にじーちゃん、ばーちゃん、かーちゃんに声をかけていくのが私の毎日の仕事だった。

「始まるでー」って。

任された仕事をちゃんとできた満足感と、家族と同じドラマを見る心地よさがあった。

今は、父と二人で、ドラマのなかで起こる、白い四角い部屋では経験できない事に一喜一憂し、ヒロインの笑顔に元気をもらっている。

朝の連続テレビ小説が運んできてくれるもの。

それは、小さな幸せの花束みたい。

 

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。