人見知り長男にとっての「じゅんばん」

3歳になった人見知りの長男、子供がたくさんいる場所では1人ですみっこに行ってしまいます。

この日はお気に入りのアスレチックに行くも、保育園の団体が遊んでいた。

グルグルの滑り台が絶対やりたいはずなのに
「じゅんばんね〜」
と言いながら私の隣ににこにこ座って待っている。

!?そうじゃない!お友達がいてもじゅんばんに並んで滑ればいいんだよ〜〜

息子にとってのじゅんばんは、どうやらその場に人が居なくなるまで。スケールが大きい。よく待つよなぁ。

お昼になって団体が居なくなってから一人で思いっきりアスレチックを占領。

いつもこんなんで公園で遊ぶ時はみんなが帰るランチ時が狙い目。

母はお腹が空くのでカバンにおやつを忍ばせてこっそり食べるようにしている。

ABOUTこの記事をかいた人

須戸真美

3歳と1歳男の子の母です。 絵を描くこととビオラを弾くこととが好きで、育児の合間に楽しんでいます。 ドタバタ体当たり育児を絵日記に書いています。↓インスタでも更新中!フォロー大歓迎!!