ママなんてきらい!

愛情込めての、、「わるさんぼうやけん。」→悪さをする子どもの意味。

って誰かに言ってるのをいつのまにか聞いてる5歳…あなたは家政婦は見た!か!(笑)

「もうママなんてきらい!」

最近ほんとに多い…よく言われる…

言いはじめたら限りなくマイナス思考に…

「どうせママはみゆうちゃん嫌いやろうけん。もういい。ママ嫌い。だってわるさんぼうって言うけん。」

そうなってしまったら、どんなに「世界一好きやけん。」とかフォローしてもだめ。

ヘソがとんでもない方向を向いてる(笑)

そしてわたしも一緒にヘソを曲げる(笑)

もういい!ってトイレへこもってみる。だーけど、なんかやっぱり心配。罪悪感。。

わたしがやっぱりいけないんだろうなー。あまのじゃくなママは嫌なんだろうなぁ。もうちょい精神年齢あげたい(笑)

娘が寝たあとに猛省する母…

ごめんねー。

子育てって今のところ自分の中の素直さとか向き合うに限る!

 

ABOUTこの記事をかいた人

安藤裕子

直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)