私たちのカラフルな日々

横須賀支部、新年最初の折々おしゃべり会。

2018年に市内にオープンしたての

ボーネルンドの遊具を取り入れている親子サロン、

「mam & kids salon 結-Yui-」さんにて行いました。

 

色とりどりの遊具で遊ぶ子どもたち。

冬休みも、もうおしまいなんですね~。

子どもが課題から解き放たれた休業日期間、

家事は増えるけれど、子どもはホントいい表情してます。

 

 

「年末年始は何してたの?(*^^*)」

帰省していたり、美味しいものを食べていたり…イロイロな過ごし方。

みんながどんな風に過ごしていたか知りたいし、

会っていない間

「みんな今何してるかな?!」

ついお互いにそう思ってしまう、横須賀メンバー。

お母さんの日々を、どう過ごしてるだろう。

今日私、イライラしっぱなしだったけど、みんなもこんなことでイライラするのか?!

そんなことを、その人の顔を思い浮かべて考えるとなんだか冷静にもなれるし、

考えられる存在が在ることに

改めて感謝の2019年最初の一歩でした♪

 

 

そして思う。

こうして色んな年齢の子どもたちが遊ぶ“カラフルな姿”を見られることが

とっても幸せで、とっても面白い。

発達段階が全員違うので、違っていて当たり前の背伸びをしない環境。

 

 

そしていつか、もう少しこの子達が大きくなったら。

私たちの活動の姿も変わって

「○○ちゃんは、今日幼稚園だからいないのかぁ」

「○○くんちも、ついに中学生かぁ。じゃ夜に折々する?」となった後、

「新しいお母さんの赤ちゃん3ヶ月だって!じゃ昼間に戻そう!」とか。

 

 

先のことは分からないけど、とにかく

今見ている景色は、ずーっとは続かないから、

毎回毎回、大切にしたいなと。

色んな想像が膨らむこの頃です。

 

 

そして、かわいい子どもたちの写真ももちろんだけど、

「今の私たち」も、たくさん写真に収めておこう。

そう思った1日でした(^-^)

ABOUTこの記事をかいた人

吉村優

◇MJプロ ◇神奈川県横須賀市在住 ◇横須賀支部「みよむら」の“むら”の方 ◇1人娘(16.11生) ◇夫は10歳年上 ◇元 放課後児童支援員・現在は小学校で特別支援学級のサポート職 ◇『お母さんのことはお母さんに聞こう』が私にとってのお母さん大学のキャッチフレーズ