私の常識なんてちっちゃい!知らなかった、水色のつくり方。

絵の具で水色をつくる方法を知っていますか?
そんなの当たり前だよって言う方が大半なんじゃないでしょうか?

「青」と「白」を混ぜる。私もそう思っていました。

昨日、末っ子(6歳)が段ボールでお城をつくりたいとゴソゴソ。
壁は水色にすると、「青」と「白」を混ぜて塗っていたのですが、途中で白がなくなってしまいました。

すると・・・

「ママ、水色のつくり方、ほかに方法がないか調べたい」と言ってきたのです。

「えーーー!青と白以外はないと思うよー」と言う私に、
末っ子は、自信満々で「いやいや、あると思うよ」と。

そこで、しぶしぶネットで検索してみることに。

すると!!!

ありました!!ありました!!水色のつくり方!!

確かに青と白が一番ですが、

なんと!青に「レモンイエロー」を混ぜると書いてあるではないですか!!

「ほらー、やっぱりあった!」と勝ち誇る末っ子いちかさん。

早速、やってみることに。

レモンイエローはなかったのでイエローで代用。

イエローを入れすぎると緑になりすぎるという注意書きがあり、
ちょっとずつ混ぜ混ぜしてみると!

だんだん水色になっていきました。

その様子を見て満足げな末っ子。

皆さんは、ご存知でしたか??

青と白しかないと思い込んでいたこと。

忙しいときだったり、イライラしていたときだったら、
そのまま「青と白しかなかろーもん」と言って検索することもしなかったであろうこと。

私とイチカの納得のいく色は違うから、私の判断で決めてはいけないということ。

私の常識なんてちっぽけだな~

と脳内をめぐるめぐる。

いちか先生!

あなたのおかげで本当に勉強になった出来事でした!!

これからもついていきます~。

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪