やっと一つ新しい命が生まれた

以前、着れなくなった服を『新しい命にする』話をしました。

悲報?吉報?着れなくなった服を棄てようとしたら。。。

結局、夏休みの宿題にはならず、ずっと納屋にしまわれていましたが、やっとやっと!!!

この中から新しい命が生まれました!拍手(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

この上の服は、長女→次女→三女で、ほんっとによく保育園に着て行きました。まだ卒乳前だったから、お乳の匂いが残ってる気がする。(ちゃんと洗えてないだけ?😱いやん)

これ着て、オムツや着替えやバスタオルが入った大きな大きなカバンを引きずって、ヨチヨチ歩いて園に入っていく子どもたちの背中を見ながら、仕事行っていたなぁ。。。

そんな思い出に浸りながらチクチク。

できた!

あ(;A´▽`A、リボンが上と下、逆になってしまいました💦

でも、初めてにしては上出来??あはは。嘘です。ヘボいね。けど、こうやってる自分が好きだから、いいや。(ナルシスト万歳)

生ゴミキャッチネットと、小物入れ♥️

これからは、私の台所で活躍してもらいます✨

さて、次はどれを新しい命にしようかな。

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

11、8、5歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。