諦めの精神

自我と好奇心がマックス状態の三男。

3番目にしてやっと、見守ることができている私です。

好きなようにやらせてます。

がしかし、やっぱりやってほしくない事もあるし、触ってほしくない所もあります。

でも、あまりチャイルドロックだらけにしたくないという方針です。危険や、怖いという経験も少しさせる……見守りながら。

今日はカトラリーやお弁当用の型などを入れている引き出しを開けました。

スプーン、フォークを取って満足かと思いきや全部出して、ひっくり返して床に撒き散らす。

さすがにやめて欲しいと思い片付けようとすると反抗がすごいこと……

「もうイイや!好きにしてー!!」落ちてる所から洗って使おうと覚悟を決めそのままにしました。

諦めです。

夕飯作ったり、お兄ちゃんたちのお迎えでバタバタしてさっきのことはすっかり忘れて帰ってきたら、泥棒が荒らしたようになってました。

いつか片付くし、結局はその一瞬の出来事なんです。

改めて気長に、諦めの精神もたまには大切にしていきたいと心に誓いました。

ABOUTこの記事をかいた人

竹林光未

和歌山県から横須賀市へ嫁ぎました。5歳、3歳、1歳の男3人子育て真っ只中です。「明日は今日よりいい笑顔」を大切に日々過ごしていきたいです。