自立…心配はつきない

先日、ひさびさに風邪をひいて末っ子息子とともに寝込んだ私。

土日をはさんだ為、主人に上2人、6歳年長の長女、3歳の次女をつれて出かけてもらった。

お父さんチーム、お母さんチームに別れて行動するのはよくあること。

前はよく、帰ってくるなり、お父さんチームの動向が気になって、娘たちに色々確認をした。

「ご飯はどこで食べたの?」

「おやつのタイミングは?」

「そのとき手を洗った??」

 

などなど。笑

それはそれは事細かに。

今となれば、主人に対して失礼なことをしていたなぁなんて思うけど、ちゃんとやってくれてたかどうか確認しないと気が済まなかった。

よくそれで主人とも揉めた。

最近は自然とそういった確認はしなくなった。

確認してたところで、済んでしまった話で、その時間が楽しかったどうかは、娘の顔を見ればすぐ分かる。

会話もできるようになり、手がかからなくなったし、主人のこともそれなりに信用できるようになった。笑

 

そんな矢先の先日の出来事。

 

お父さんチームは、娘2人を連れて、ドラえもんの映画を観に行った。

 

その前に腹ごしらえと、ミスドでお昼を食べたらしい。

そのとき、長女6歳がトイレに行きたいと言った。

3歳次女はラーメンをすすってる。

主人が困ってると、「一人で行ける!」と長女。

トイレは見える範囲にはない。

そのまま一人で行ってしまったと。

 

 

映画から帰宅するなり、今日あったエピソードとして、

主人が「そんで、ちょっと歩いて行かなきゃいけない距離だったのに、一人で行って戻ってきたんだよ!」と誇らしそうに報告してきた。

「今までだったら、〝一人では行けない!〟とゴネてたのにさ〜」と。

 

 

ここまで書くとなんて事ないことに私も思う。

 

確かに、ビビリな長女が一人で行ったことはびっくり。成長したなとも思った。

 

しかし、その時、その話を聞いて私は怖くなった。

えっ、見えないところにあるトイレに一人で行かせたの?

っと。

今の世の中、どこで事件に巻き込まれるか分からない。

 

過保護だと思われるかもしれないけれど、

6歳の娘を、一人でトイレに行かせることは私は怖いと思った。

 

主人にストレートに言うと責めてる感じになるかなと思い、一通り話を聞いたあと、やんわり

「でも、どこで、何があるか分からないから、トイレの出入り口で確認するくらいはしてね」

と伝えた。

ちょっとムッとしてたが、意図は伝わったと思う。

 

 

んーーー難しい。

春から小学生。

これからどんどんこうやって、私の見えない所へ行動範囲は広がっていく。

自立。

成長。

喜ばしいことだけど、心配がつきない。

 

過保護すぎてもいけない。

 

けど、やはり我が子は出来る限りのことをして、親が守るべきとも思う。

その線引きが難しい…

 

私もよく母によく言われた。

思い出すのは高校生の頃。

「夜道は気をつけろ」

「知らない男の人についてくな」

「付き合ってもないのに、男の人とカラオケに行くな」

「車に乗るな」

などなど。笑

その当時はうるさいなぁ!大丈夫だよ!!っと言い返していたけれど…

今になって母の気持ちが痛いほどよく分かる。

思春期とはまた違うのかもしれないないけど、心配のスタート地点に入った気分。

 

子育てって心配と悩みがつきないなぁと思う夜。

 

明日ちょうど母が遊びにくるので、相談してみよう。

 

6 件のコメント

  • すっごく共感しました
    わかる わかる!!
    いつまでも どんな時でも
    母となってしまった以上
    心配はつきものですね

    脇門さんも子育てをしながら
    沢山のことを学び
    子育て処世術を学び実行しているところが
    とてもいいなあと思いました

    しっかし!!
    いつまでも親は親は!
    これは事実!!
    今でも私は子どものことは
    心配でイライラすること多し

    でも
    見ないふり 見ないふり
    知らんぷりを装ってます(笑)

    >喜ばしいことだけど、心配がつきない
    母親は一生ついてまわるんだろうなあ・・・

    • 尾形さん、共感してもらって嬉しいです!
      やはり、みなさん子どもを思い、心配する気持ちはありますよね…
      それが、当たり前なんですね…
      この先あと何年、私が死ぬ時まで子どもや孫を思い心配するんだろうなぁ…
      何事もなく成長してほしいです。

  • 門脇さん、私も記事の途中で引っ掛かったところは同じでしたよ。
    今は外出すると緊張する場面が多くなってきましたからね。
    トイレに一人で行かせる場面、昔、事件があったことを思い出しました。
    そして変質者はなくならないことも含めて、子どもには機会を見て話していく必要がありますね。

    • そうなんです…きっと同じ事件のことかと。
      たくさんの事件がある中でも、強烈で、人ごとに思えない感じがしたんです。
      いつ何があるか分からない世の中、きっとそれは願っても変わらない。
      そうですね、小学生になる前にきちんと話しておこうと思います。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    脇門比呂子

    神奈川県横須賀市に住んでいます。 長女8才、次女5歳、長男3歳、3人のお母さんやってます! まさか自分が3人の母になるとは?!同じ繰り返しの日々のように感じ、悶々としていた時にお母さん大学に出会ったのが3年前。 ありのままの自分に自信が持て、子育てが心から楽しめるように!MJプロです^_^