母でいることしかできない。

シングルマザー歴3年。

そりゃあもう。山のような方々に、みゆうちゃんの子育てをしてもらっている、特にここ1年。

わたしの物怖じしない性格と、

お母さん新聞の配布活動と、、(笑)

人が大好きなこの性格により、あちこち引っ張り回されてしまう娘。天命か!

12月にあさみちゃん宅、1月は聖子ちゃんのプレーパーク前泊、3月はひーちゃん宅、4月は美穂ちゃん宅へと。

まさかの毎月誰かのお宅にひとりで泊まりに行く娘…

人見知りなし。

外面が良い。

どこでも楽しめる。

年が近い友人が大好き。

これからますます、、思春期はどうなるんやろか?

楽しみにしていた娘との時間を、なんだかんだと一人で過ごすことになる私。寂しくて9割飲んでる(笑)で、太る(笑)

そして今日。

朝から幼稚園行きたくない!と。何度言っても聞いてくれない。昨夜も行きたくないって言っていた。明日もきっと言うんだろな。年長さんになってもそれを言う原因がきっとあるはずなんやけど、なかなかそこまではわたしも頭が追いつかない。

もうあと数分で送迎のバスが来るのに、反対方向へ逃げる娘。

わたしが悪い。悪いんだけど。。

バシッ!とっさに平手打ちが出てしまった。情けない。。わぁっと泣きだす娘。今日はわたしも仕事と学校。母も以前手術したあとの経過観察で、半年毎の定期検査で福岡だ。夕方からは聖子ちゃんにみゆうちゃんを頼んでいる。

ダメなものはダメなんだよ。今日は幼稚園行かなきゃ。

わたしの言葉に、泣きながら、うん、と、頷く。

母から、どしたん?ほっぺた赤いやん!

わたしが叩いてしまったけん。

それは虐待って言われるよ。

だけどね、もう、、じゃ、どうすれば良かったん?

ほっといていいとよ。

ほっといたらバス来るやん。仕事行かなんやん!

わたしが一緒にバスを待ってるけん、はよ仕事行き!

ため息しか出ない朝。

 

夜、学校終わってからの聖子ちゃん宅へお迎え。

聖子ちゃん宅の玄関の靴箱の上にある、小鳥さんの置き物を落とすみゆうちゃん。割れる。。

はー。。

急いで泣きながら帰ろうとするみゆうちゃん。

わたし→なんて言わないかんと?

みゆうちゃん→ごめんなさい。。

泣きながら、もうしません。

帰宅してからも伏線は続く。

録画テレビを見ながらゴロゴロする娘。

もう部屋で寝なさい。

もう知らんから。グズグズ言う人より、ママが先に寝るから。

みゆうちゃんも負けない。

ママのことはみゆうちゃんももう知らん。

そして部屋に入っていく娘。

トイレで用を足し、洗い物を済ませ、真っ暗な部屋に入っていくと、ありえないぐらいに爆睡の娘を見て、何故か涙が止まらない私。

今日一日中、朝の送りと帰りの迎えと、ちょっとしか過ごせなかった時間なのに、泣かせることしかできなかった母。わたし。いや、果たして母なんて呼んでいいのか?

みゆうちゃんごめんなさい。ごめんなさい。寄り添えなさすぎの自分が恥ずかしくて情けなくて、、そんな2人で泣いた日。

こんな母を信じてくれてありがとう。

母であること、しかできなくて、

本当に本当にごめんなさい。

明日はどんな日になるかな。。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

安藤裕子

直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)