二段ベット購入!

来週ついに二段ベットが届く。

「小学校に行ったら買おうね」と、

長女が年長の頃から約束していた二段ベット。

 

生まれたときから、ずーっと一緒に寝ていた長女が小学生になった。

育児の中でも、一番といっていいほど、〝寝かしつけ”が嫌いだった。

長女は、今は布団に入ってパタリと寝るようになったが、小さい頃は、寝かしつけに時間がかかる子だった。

今思えば、お昼寝の時間が遅めだったし、活動量も、今の次女、末っ子息子に比べると少なく、元気が有り余ってたんだと思う。

絵本を読んだり、子守唄を歌ったり、オルゴールを流したり…

赤ちゃんのときは、ネントレの本が流行って、読み漁ったなぁ。

一人で寝かせるのは抵抗があって、すぐに諦めたけど。

最終的に、私が寝たふりをするのが一番効果的だった。

それでも、頭をたたいてきたり、つぶってる眼を無理やり開いてきたり、娘なりに必死に抵抗してきたり。

次女の妊娠が重なったりで、悪阻もきつかったときは、

「もういい加減に寝てよ!!!」

なんて、まだまだ小さい2歳前後の長女に怒鳴ったこともあった。

 

 

次女は、私の髪の毛を触りながら寝る。

末っ子息子は、私の首元を触りながら寝る。

長女だけは、特別寝る時の癖がなかった。

強いて言うなら、寝る瞬間に私に背を向けて寝ること。

突然、クルリと背を向け、パタリと寝る…そんなイメージが残っている。

寝る瞬間の顔が見たいけど、見るとまた起きてしまうからグッと我慢したなぁ。

 

 

次女が生まれたときは、まだ2歳になって間もなかった。

赤ちゃんが気になって仕方なく、次女が眠りにつくまでは、絶対に寝なかった。

少しでも次女が泣くと、「はーちゃん、だいどーぶ??」心配そうにのぞきこんだり。

慣れるまで数カ月かかったなぁ。

 

末っ子息子が生まれたときは、4歳の年中さんだった。

三人の寝かしつけに、苦戦していた私をサポートしてくれたのは長女だった。

「赤ちゃん抱っこしないで!」と、赤ちゃん返りがひどかった次女。

仕方なく、大泣きしている息子を放って、次女をなだめて寝かせようとしていると、

「ひまりが抱っこしてあげる!」と、

ベッドに座り、授乳クッションに息子を乗せて、上手に抱っこしてくれたっけ。

そのうち、抱っこしながら、誰よりも先に、長女が寝ちゃって…そんな長女を見て、次女が安心して眠りついた。

そんな夜が何度かあった。

 

 

少しずつ少しずつ、お姉ちゃんになってくれた。

私を助けてくれた。

けど、本当は私に甘えたくて…

今は、私の左右には次女と、息子がすかさず入って寝ようとする。

「ひまりもお母さんの横がいい!」と、次女に怒ったり、

仕方なく諦めて、私の足元に絡んで寝たり。

次女と息子が早々寝た日には、

私が横でギューっとすると、嬉しそうに恥ずかしそうに、ハニかむ顔が可愛かったり。

こーやって、ずぅーっと一緒に寝るもんだと思っていた。

離れて寝るなんてまだまだ先の事だと思っていた。

けど、その日は突然くる。

3人に囲まれて、寝返りも打てない程ギュウギュウに押しつぶされる毎日。

満員電車に、乗ってる夢も見たっけなぁ。

早く一人でゆっくり寝たい!と何度も思った。

そんな日が少しずつ少しずつ、確実に近づいてきている。

 

二段ベッドが届くのを心待ちにしている長女、

それに乗っかって、3歳の次女も二段ベットで寝ると張り切っている。

果たしてどうなるか?

 

三人の寝かしつけもあと数日。

嫌いだった、苦手だった寝かしつけ。

いつしか、この3人並んだ寝顔をみる時間に、癒されるようになった。

すんなり二段ベッドで寝るか?

夜中に私のところへ忍び込んでくるか?

どうなるかは分からないけど(^ ^)

 

長女の寝顔…

ちゃんと覚えておこう。

 

今日の寝る前のスリーショット(^^)

3 件のコメント

  • お姉ちゃんは小学生に!おめでとうございます。
    二段ベッド、楽しみですね。
    さて・・どうなるでしょうね^^

    寝る時の子どものクセ!懐かしい。。
    うちはよく耳を触ってました。
    何か安心するんでしょうね。。

  • 小学一年生おめでとうございます㊗️
    二段ベッドは子どもたちの憧れなのでしょうね。
    我が娘も(一人っ子)その時に机と収納とベットのセットを購入しました。
    喜んで遊んでましたが、あとで聞くと 何度もベットから落ちていたらしいです。
    大事に至らなかったので、聞くまで知らずにいましたが 大学で一人暮らしをするときには、普通のシングルベットにしていました。
    安全柵を乗り越えてしまっていたのですね。 大事に至らなければ全ては善い経験です。
    憧れを実現してあげられるのも また 親の経験ですね。
    三人兄弟のお姉さんです。 二段ベッドが楽しい思い出になりますように。

  • お姉さん、ご入学おめでとうございます!
    二段ベッドサイコーです!自分も兄弟が多かったので懐かしくなりました!
    上で寝る優越感から始まり、次は上を譲る余裕が出て、そして、最後は別の部屋で寝たい!笑。
    と、またどんどん成長して好みが変わっていくところも楽しみですね〜!
    あぁ〜楽しそう!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    脇門比呂子

    横須賀在住6年目になります。 長女五才、次女三才、長男もうすぐ1才、3人のお母さんやってます! まさか自分が3人の母になるとは?!大好きな仕事を辞めて今は母業に専念中。 どーせやるなら、毎日どっぷり母業楽しみたい!!と思うのですが、実際はそう思うようにはいかず、、悩みも多々、さっかくなので嬉しいことも悲しいことも、悩んだことも記録に残したいと思い、入学しました^_^