お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

2018年の幕開けはチャーハン記念日

昨日、わたしがpcに

もくもくと向かっているのを見て、

しんのすけ(小2)が

「ぼくがお昼を作るね」

と、

突然チャーハンを作ってくれた。

だから、1月4日はチャーハン記念日。

「チャーハンはごはんがパラパラにならないといけない」

とかブツブツ言いながら

作り方だけを言葉で説明しただけで、

切るのも炒めるのも全て一人でやってのけたしんのすけ。

「美味しい」と言うと

満面の笑み(=´∀`)

チャーハン記念日。

最高の新年になりました。

2件のコメント

しんのすけのチャーハン。特別においしいよね。

お母さんの自立は、子どもの自立。

でも、普通にいたら、子どものほうが、成長、早いよ。

お母さん、負けられんよ。

今年も、よろしくね。

しんのすけくん、りりしいです。
いきなりはじめてで作れるってすごいなあ。
チャーハン記念日おめでとうございます。(^o^)

コメントを残す

ABOUT US

池田彩お母さん大学福岡支局長
お母さん大学福岡支局長/旧 お母さん業界新聞ちっご版編集長。長女が1歳の頃にお母さん大学に出会いマザージャーナリストに。ペンを持ったことで視点が変化し、「お母さんになれてよかった!」と心から感じる。久留米で活動をスタートして13年。現在は、久留米市合川町の「松葉荘」で居場所づくりをしながら、九州中のお母さんにお母さん業界新聞を届けようと奮闘中。3児(中3、小6、小2)の母/MJプロ/みそまるマスター/みそソムリエ