2歳の三角関係は晴れやか

同級生3人組が、あることでもめ始めた。

ショベルカー型のおもちゃトラック。

 

それを、

・1人で乗りたいAちゃん

・押してあげたいBくん

・それでもめている2人をなだめたい私の娘

 

 

3人の主張は一方通行。

 

 

Aちゃん『やめて~!1人で乗りたいのぉ!』

Bくん『押したいのっ』

娘『やぁめぇなっ!』

 

Aちゃんは、

その時間私が預かっていた友達の子だったので、

私と夫、

そしてBくんのお母さんの

3人の大人が見守っていた。

 

やり取りは10分くらい続いた。

 

でも誰もその言い合いを

なだめたり、諭したり、止めたりしなかった。

 

どの意見も

『うん、そうだよね。』と、言えるケンカであった。

 

すると娘が、

ショベルカーのショベルの部分に

なぜか、てんとう虫を入れ始めた。(ケンカしてたことを一瞬忘れる)

 

え!

 

すかさずAちゃんが「てんとう虫やめて~!やだ~!」

 

ありゃりゃ、苦手だったか!

 

すると娘、

Bくんに向かってまた

「やめな~!」

 

え⁉ちがうよね⁉️

 

Bくんもそう言われてまた

「押したいのっ」

 

「話が行き違ってる~!でもケンカになってる~!」

と、大人は大笑い。

 

そのうちにBくんが、フラっと他の場所へ。

ケンカはおしまいに。

またみんなで遊び始めた。

 

いつも公園や子どもが集まる場で、

初めて会う子やお母さんに

「すいませんうちの子が!」
と、謝り

「貸してあげなよ、使いたいって言ってるよ。」
と諭すけど

本当は、あんまりよく思っていない私。

 

わが子は、

本当はそんなこと思ってないし

相手の子も、

それで逆にお母さんに叱られたり。

 

それでも、そう言ってしまうときがある。

なんというか

「お母さん業界」の

通語みたいな感じで言っているんだと思う。

そう言わないと悪いよなぁと。

 

仕事柄、子どものケンカはよく目の当たりにしたが、

本人たちが言いたいことを言い終えるまでじっと話を聞いて、

ケンカできる環境があることを大切にしたかった。

大人が必ずしも、正しい答えを持っているとは限らない。

 

子どもはちゃんと、解決する力を持っていて

2歳は2歳なりに収めることができた。

すごいね。えらかった!

 

そしてそれを、

大人が待つことができた時間。

すっごく充実していたし

誰も「すいません」とは言わなかった。

それよりも、ケンカする小さなお口たちがなんともかわいかった。

 

 

2歳のケンカは、

なんとも晴れやかな気分で幕を閉じた。

ABOUTこの記事をかいた人

吉村優

横須賀支部「みよむら」の“むら”の方です(^-^) 2016年11月生まれの娘と、ジャイアンツ命な年上夫、 そしてサザエさんみたいな私の3人家族です。 元放課後児童支援員。子どもたちの「鬼大魔王」でした。 海風と、アメリカの風薫る横須賀に住んでいます。 笑えた日も泣ける日も、みなさんと共有出来たらと思っています。(^-^)