これが稽古の現場だ!!劇団青年座公演「明日」

6月7日 金曜日 午後13時
私、お母さん大学生の尾形は仲間の山本さん、松本さんと
劇団青年座公演「明日」の
稽古の現場へ来ています

台本「15ページから」と
演出補の山本龍二さんの声とともに
いよいよ稽古が始まりました

すると 突然 出演者のみなさんが
それぞれ小道具を持って座り
位置を確認し始めました

その後に
○○を持ってここに置いてとか
△△の前に□□を持って行こうとか
私も手伝いに行こうかなど
演出補の山本さんを中心に
みんなであーだこーだと話し合いながら
動きの稽古が始まりました
(チラシにも書いてある婚礼のシーンなのですが
何がどう使われているのかは本番までのお楽しみ)

決まると動いてみて、うまくいかないところは
また話し合って再び試してみる

舞台で繰り広げられる自然な動きは
このような綿密な打ち合わせがあってからこそ
なのですね

その後は動きに合わせて
演技の練習も始まりました

練習風景なのに
観ていてこの人たちの明日はないんだと
思うと心が張り裂けそうになりました

舞台も殆ど形もなく
役者さんも衣装を着ていたり
ジャージ姿やTシャツ姿などさまざまです
まだ本番にはかなり遠い姿ですが
こんなに苦しくなるなんて
本番を観る時になったら
私はどうなってしまうのでしょうか

演技が終わった後
演出補の山本さんを中心に
それぞれの演技についいて
意見を交換しあいます

演じて 話し合い
それを繰り返しながら
「明日」は作られていくのですね
試して進んで違ったらまた考えて進む
舞台もまるで人生のようですね

現場の空気は終始穏やかで
芝居に情熱を持った人々の
集う素敵な場所でした

青年座のみなさま
ドキドキワクワクなひと時を
ありがとうございました!!

劇団青年座公演「明日」
7月10から7月17日まで 東京池袋シアターイーストにて
上演されます!

原爆によって明日を奪われてしまう
人々を描いた作品です
そのことを私たちは忘れてはいけません

お母さん「明日」を観よう!!

お母さん芝居へ行こうプロジェクト「明日ー1945年8月8日・長崎」

ABOUTこの記事をかいた人

尾形智子

夫 もうすぐ27歳と24歳の息子2人の4人家族 映画 演劇 特撮ヒーロー ゴジラが 大好きな59歳 俳優は佐藤健が大好き 他イケメン俳優 社会学者の宮台真司さんもとっても好きです 今は コロナで芝居や演劇 ヒーローショー 宮台さんの講演など 少ないのが残念です 子どもも社会人となり これは 子育てひと段落ではなく卒業かな? しかしいつまで経っても 私にとっては息子たち 悩みはつきませんね 現在は学童保育で 暑い中 子どもたちと奮闘中です 最近は進撃の巨人をアニメで観て 漫画を読んで人間の奥深さを描いた作品として とても大好きです 鬼滅の刃 呪術廻戦も好きです