おじとおば

毎年、

おじとおばは、

この時期にギフトを送ってくれます。

私が生まれた頃、

二人は若くて、

特におじは、高校生だったので、

名前で呼んでいました。

だから今も、おじさん、おばさんとは呼ばず、

こうちゃん、

いくちゃん、

と呼びます。

私は田舎を出てしまい、頻繁には会えませんが、

気軽に電話をかけて、とりとめのない話をして、

贈り物へのお礼を言って、

じゃあまたねーって、

そんな関係で温かく見守っていただけているんだなぁと、とても嬉しく思います。

私の子どもたちは、

果たして、

私のきょうだいに、

そんな風に甘えられているのだろうか。

親とは違う、

でも家族の愛で包んでくれる相手はいるのに、

できないんだろうな。

それは、私の責任でもあるな。

もっと、たくさん会って、

話をしなくちゃ。

 

さて、

届いたのは「さくらんぼ」×2!!

ありがたく、いただきますー!!

3 件のコメント

  • 叔父叔母の関係は、時として兄弟よりも良い関係になる様です。
    私も5人兄弟の末っ子ですが、兄や姉以上に叔父叔母との関係は良好でした。(と言うのも、既に鬼籍となったから)
    叔父叔母からは心温まる季節のご挨拶があり、私も出来るだけ答えてきました。
    家族や親戚とのことも相談相手にはうってつけです。
    そんなやりとりは、コミュニケーションの基礎にもなっていたはずです。
    気張らずに甘えられるのがいいのでしょう。
    遠い親戚よりも近くの他人もまた真実です。多くの方に良い顔ばかりは見せられませんね。
    良い関係と思える方とはなるべく素直な関係でありたいものです。
    立派なさくらんぼ✖️2 は有難い贈り物ですね。 心も倍暖まった事でしょう。(羨ましいな!)

    • 積山さん、ありがとうございます!
      小さな町に住んでいましたし、毎週のように会っていた時期もありましたので、自然とそうなったのだと思います。
      子どもの時に、自分の味方の大人がたくさんいたこと、本当に今の自分の基礎部分ですね…。
      ありがたい環境です。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    植地宏美

    2019.10月創刊、横浜版編集長。新米だからこそ怖いものなし! 3人の子育て中、シングルマザーです。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。