悔しい朝

今朝は、

豪雨だったからか、

いつにも増して通勤ラッシュがすごかった。

右腕に子どもを抱え、

左腕にベビーカー。

駆け足で進むお母さん。

声をかけたくても、

人の波に遮られ、

エスカレーターを追いかけたけど、

手を差し伸べた方が困るだろうな、と思うくらいの必死さ。

ごめんなさい。

何も出来なかった。

きっとみんな思ってる。

働く母が戦うべき場所にしては、

危険すぎるよ。

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

2019.10月創刊、横浜版編集長。新米だからこそ怖いものなし! 3人の子育て中、シングルマザーです。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。