仕事の日に限って

あれだけ用意周到で家を出たはずなのに、

電車に乗っていると次男から電話。

満員電車の中で申し訳なく電話に出ると、

水泳教室に必要な出席カードがないとのこと。

もう、戻れないし。

なんとか考えて!と冷たく電話を切った。

ああ、

夏休みなのに、

私の用事で一日中留守番。

少しでも緩和されればと、

水泳教室申し込んだのに確認の詰めが甘かった。

もう5年生なのだから、

自分で考えて対応できるはず。

そう思いながら、

駅に到着してから電話をかけ直すと、

水泳教室を休んだ次男が出た。

喝を入れたい気持ちを抑えて、

「ごめんね。」と謝る。

すると声のトーンが上がった次男。

「明日もあるから明日行く。夕方塾も行くから大丈夫。」

私が悪いことにしておこう(笑)

何か美味しいオヤツ買って帰ろう。

叱らないで済んだね。

自分で自分にありがとう。

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。