父の命日

一年前の今日、父が旅立った。

この一年、いろんな後悔の気持ちが繰り返し湧いてきて、中々前に向けなくて。

こんな自分になるなんて思ってもみなかった。お山の暮らしのリズムも中々掴めず、ぐじぐじぐじぐじ、主人にも八つ当たり。

こんなはずじゃなかった。明るく楽しいお山の暮らしを夢見てたのに私の心が弾まない。

それでも、時間は過ぎていく。

そして、お山の自然も人も優しくて、その中に浸かりきって一年過ごした。

今、お山では、じゃがいもの植え付けが始まった。

私も、じゃがいもを植えた。

畑を耕していたら、つくしが顔を出していた。

私も、やっと、お母さん大学に顔を出せた。

すごく、久しぶりで、書き込む時、緊張したけど、投稿完了。

ぼちぼちですが、また、これからもよろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。