お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

誕生日に母を語る 2020.5.3

何にも書けない。
偉大過ぎて。

震災の時も、
昨年の台風被害に遭った時も、
すぐに行くことができなかった。

「私はいいから、大丈夫だから」

そんな母。

やだよ、
何かしたいよ、
お母さんに喜んで欲しいんだよ。

あ、
まさかのイヤイヤ期突入なのか、
44歳の春。

12件のコメント

お誕生日おめでとうございます♪
イヤイヤ期の植地さんの代わりに…
宏美母さま、宏美さんを産み育ててくださって
ありがとうございます。
同じエリア版編集長として切磋琢磨しながら
がんばっています。
長生きしてくださいね。

お母さんになにかしたい気持ち
なんだかわかります。
その気持ち、お母さんには、すっごく伝わってるだろうなあって思います。

ということは、
植地さん、今日がお誕生日なんですね(^。^)

お誕生日おめでとうございます

ありがとうございます!
そう、なんかカッコよく書こうと思ったのに、
自分全然大人じゃないなぁ。

そして、子育てってやっぱりいつまでも続く感じが何となくわかった今日(笑)

植地さん。

誕生日、おめでとうございます。
私も、植地さんを産んでくれたお母さんに感謝します!
おかげで、お母さん大学の活動は、ますます大変になっています。

だって、私が、「〇〇やろうかな!」と、つぶやくと
すぐに「私、やっていいですか? やりますよ!」と、植地さんから返事が来る。

ただ、つぶやいただけなのに、その企画が進む。

私、少し後悔。
そんなわけで、今、お母さん大学、なんだか忙しい。

最近は、少し考えてつぶやくようにしています。

植地さん、お誕生日おめでとうございます!
私はいいから、
母ってそう言いますよね。
自分より家族を優先する母。
イヤイヤ期の植地さん。想像しちゃいました!笑
お母さんどんな反応するんでしょう?

コメントを残す

ABOUT US
植地宏美
お母さん大学横浜支局。 お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜2021.12)。 長女19歳、長男15歳、次男13歳。 お母さん大学をものすごく、楽しんでいます。 結果、 お母さんをものすごく、楽しんでいます。