こどもの日/こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する

去年は喪中だったため、お会いできずだった息子の兜。
横浜に住む息子はGWの帰省を自粛し、会えずだけど
27回目の節句、こんなときだからこそ、
ちゃんと誕生してくれたことを祝おうと、ひっそりお祝い。

1948年(昭和23年)に
五節句の一つの端午の節句である5月5日が
国民の祝日「こどもの日」と制定された。

ちょっと豆知識
五節句(ごせっく)とは
●1月7日/人日(じんじつ)
●3月3日/上巳(じょうし)桃の節句
●5月5日/端午(たんご)端午の節句
●7月7日/七夕(しちせき)たなばた
●9月9日/重陽(ちょうよう)

内閣府のホームページでは
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」
とある。

え?母に感謝?知らんかった!みんな知ってんのかな?
これは「母の日」よりもうれしいかもしれん。

でも、子どもには言わんとこ。
感謝なんてされんでも
幸せはいっぱいもろてるから。

全国の母たち、心の中で乾杯しましょ!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪