お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

サギのない社会へ

「新型コロナウイルス対策で助成金を還付します」
PCR 検査を受けられます」
「水道管のウイルスを除去します」…。
役人や関係機関員になりすました詐欺が後を絶たない。

オレオレ詐欺の登場は2003年。
その後も手口は巧妙化、還付金詐欺などを総じて特殊詐欺と呼ぶ。

高齢者の子や孫を想う気持ち、困難時に助けを求める気持ちなど
弱みに付け込む卑劣な行為は断じて許されない。

昨年の被害額は3015000万円(警察庁)。
依然として深刻な状況だが、
前年比21.3%減、認知件数5.6%減と
警察や金融機関の防サギ対策が功を奏している。

だがむやみに電話に出るな、人と話すなでは、
人を信頼しない社会を助長するようで後味が悪い。

被害者の9割は「特殊詐欺を知っていた」、
だが「自分は騙されないと思っていた」が8 割。

家族はもとより高齢者を孤立させないこと。
嘘や泥棒、弱い者いじめはいけないこと。
お母さんはそれが一番悲しい、と子に伝えたい。

(苺一絵 2020.5月)

お母さん大学生が考えた防詐欺アイデア

参考サイト)
SOS47 – 家族の絆でSTOP!オレオレ詐欺 https://www.npa.go.jp/bureau/safetylife/bohankyoshitsu/sp/
やらなくちゃ!防サギ https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/korei_syohisya/

5月号コンテンツ

コメントを残す

ABOUT US
編集部 青柳 真美お母さん大学本部
お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。みそまるマスター。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子(29歳)。