「お母さんが足りない」

3ヶ月の自粛生活の疲れなのか、
長男の休校が明けた途端に体調を崩してしまった私。

この週末はずっと臥せっていた。
(どうも偏頭痛デビューらしい)

月曜に休みを取っていた夫に、
土曜~月曜の3日間、ほぼ家事育児を丸投げし、
私は寝室でずっと寝ていた。

なので、子どもたちともほとんど触れ合わない3日間だった。

今日、火曜日。
だいぶ体調も良くなったので、日常生活に戻った。
朝、「学校行きたくない」とボヤく長男。
特に体調が悪いわけではなさそうだったので、
「とりあえず半日頑張っておいで。しんどかったら先生に言いなさい。お母さん迎えに行ってあげるから」
と伝えて、学校に行かせた。

そしたら、昼に学校から電話がかかってきた。
「息子さん、体調不良を訴えてるのでお迎えお願いします」

保健室にいるというので迎えに行くと、
案の定、元気な長男の姿。
私の顔を見るなりうれしそう。
「精神的なものだと思うので、このさなかご心配おかけし申し訳ありません」と先生にお詫びをして、
連れて帰る。

給食を食べていないと言うので、
「なんかお昼ご飯買って帰る?」
と聞くと、
「いらない。お母さんのおにぎりでいい」
と言う。

いつもなら、「わーい!買ってくー!」と言うのに。

帰宅して、おにぎりを握る。
うれしそうに食べる長男。

帰宅後はごきげん。
夕方、先生が心配して電話をくれたが、
心配かけて本当にすみません、と謝る母。
その横で漫画を読んでけたけた笑う当事者。

「お母さん」が足りなかったのかしら。
3日間ほとんど会わなかったから。

次男も今日は私にベッタリ。
長男を迎えに学校に行く時だけ、同居の義母に預けたが、
帰宅後迎えに行くと、走ってきて抱きついてきた。

「やっぱお母さんがいいんだよ。そりゃお母さんは特別だよ。お母さんにかなうものはないよ」
と義母。

そうか、やっぱり「お母さん」が足りなかったんだな。

私が通常営業に戻って、掃除も洗濯もして、ご飯作って、
そんな私の姿を見て、夕方帰ってきた夫も安堵の表情。

この3日間、掃除も洗濯も炊事も育児も、全部夫がやってくれて本当にありがたかったけど、
それではカバーできない何かが、
「お父さん」ではカバーできない何かが、
「お母さん」にはあるのかな。

9 件のコメント

  • 天野兄弟のその気持ち、わたしもわかるな〜
    昔、母が土日のみ働きに出る時があって、父と妹弟と過ごす時、いやだ。。って泣きました。笑
    父が嫌なんじゃない!
    なんか母がいないと…ダメなんだーー!!って。
    きっとお兄ちゃん、おにぎり食べながら、これこれ〜♡って思ったんでしょうね!可愛い〜!!母冥利!!

    • そいえば私も子どもの頃そうだったかも・・・
      母親が深夜のコンビニバイトしてる時があって、
      夜9時くらいに、父と私と妹を置いて出勤してたのですが、
      なんかあの頃のなんとなく寂しかった気持ちを思い出しました!
      長男、外食とか中食大好きなのですが、
      この時は「いらない」って言われてほんとにびっくり。
      母冥利!確かに!

  • 3日間も体調不良きつかったですね。
    元気になられたみたいでよかったです(*´∀`)
    息子くんたちもだんな様もがんばりましたねぇ。
    息子くんたちの“お母さん”メーターが満たされてよかったーー(*≧∀≦*)
    お母さーーーーん!(←何となく叫びたくなった)

    • これが偏頭痛なのか・・・ほんとしんどかった・・・
      とりあえず復活出来て良かったです☆
      (この状況下なので体調崩すとドキドキする・・・)
      夫にも子供たちにもほんと感謝です☆
      お母さんメーター、ガス欠にならないように、常にこっちはスタンバイしとかないとダメですね(笑)

      • わかるーーー。
        体調崩すとね。今は特にね。。
        私も熱を出して、ドキドキして、ひとりになってしまう息子をどうしようと色々考えていました。
        結局熱中症だったみたいですが、、、
        ほんとガス欠はいけないね。
        好きなこと、たくさんしよう‼️

  • こんばんは。
    体調良くなって良かったです。3日も臥せっていたなんて大変でしたね。
    お母さんのおにぎりがいいなんて。
    お母さんが足りなかった 、と考える天野さん、素敵です。

    わたしは、年少のとき、帰りたいと泣く息子を、お昼ご飯はたべておいで、と言って幼稚園に預けたことを思いだし涙がでそうです。娘が幼く世話が大変だったから。
    今度、そういったら、息子の願いを、叶えてあげたいと思いました。

    • どうも偏頭痛だったみたいで・・・
      偏頭痛ってこんなにしんどいのか、と病院に行くまでは泣いてました(泣)
      私もこんなふうに思えるようになったのは最近です。
      長男に対しては、申し訳ないことしたなあと思ったことは数え切れません。
      ちゃんと受けとめてあげられなかったこともたくさんあります。
      6歳差で次男が産まれて、もう一度イチから育児をする中で、
      長男が幼かった時のことを思い出しては反省する日々です。
      だから今は、長男のことをしっかり受けとめてあげようと思っています。
      ちなみに私も高齢出産です☆
      35と41で産みました。
      次男が成人する時、私は61歳です。ひえー!(笑)

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    天野智子

    小学3年生と2歳の男の子の、2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。