笑ってくれない

少し前のこと。

いつも通り子育て支援センターの前にある屋内広場で、娘と即席弁当を広げはじめた。

その日は、数メートル離れたところに同じ歳のお友達親子が数組。

娘はあまり大きくない声でこんにちはと言っていた。
でもお友達親子はそれぞれご飯の準備やお話をしていて、聞こえていないようだった。

娘はちょっと憤慨しながら
「おともだちがわらってくれない!」
と言っていた。

娘にとって、
気がついて挨拶してくれる=笑ってくれる
という認識なのだと初めて知った。

子どもの認識って面白い。
他の子はどんな素敵なエピソードがあるか、聞いてみたくなった。

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

お母さん歴約5年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長。年中の娘&2019年11月生まれ息子2人の母。たまにお母さん大学本部公認“企画担当”します! 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師/和みのヨーガインストラクターです。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!昔からある簡単お手当でお母さんゆるみましょー *アメブロも始めました!*https://ameblo.jp/sattsun2525/