基準値が変わってくる

夏休みが明けて数日経ちますが、学校に行けていない次男たいち。
先生が用事があったようで、家まで来た。
たいちも恥ずかしいのか気まずいのか、落ち着かない様子で先生と会う。

明日、来れるかな?という先生の問いに親指を立ててgoodの返事。

ほんとかいな?

先生が帰った後、学校行くの?と聞いたら、
行くよ。先生と約束したやん。と。

結果は、明日にならないとわかりませんが。
まあとりあえずは、その言葉を信じてランドセルの準備。
あー、久しぶりだ。
夏休みの宿題が出てくる。
問題集はしたけど、自由課題的なやつは全く放置。
まあ、いいか。
今のたいちの基準は、学校へ行くこと。
宿題なんて二の次。
週に一回で良いから、学校へ行って、学校の先生や友だちと触れ合って、学校というものを体感したら良い。
それで充分。
それが今の私の、基準値。

2 件のコメント

  • 母の気持ち、痛いほどわかる。
    私も経験があるから。

    週に1回で良いから…の母の基準値も。

    でも、きっと、息子さんにとって、もっと大きなレンジで、
    学校に行かない選択をしているのでしょう。

    その結末は、すぐにはわからなくて、ずっと未来につながっている。

    何が正しいか、今はわからない。
    でも、お母さんが悩むことも、未来につながっているし、

    息子さんが、good! は、学校に行く、行かないなんてことではなく、

    もっと、もっと、大きな意味で、good! なんだと思える。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    安達真依

    お母さん大学久留米の事務局長☆あだっちゃんです。 旦那さんの実家に完全同居。 嫁姑問題に立ち向かいながら、同居のいいとこ探します。 元気もりもりな5歳7歳9歳の息子3人と体力勝負の毎日です。 #同居嫁、#年の差婚、#男児3人、#不登校、#PTA役員、#保育園、