神業?神技?山の神さま。

今日幼稚園のあと、娘・ひびきの要望。

「栗、探しにいこ」。

うーむ。栗が拾えるであろう期待できる場所は今から行くのはしんどいな。

仕事終えた後やし、もう16時やし。

あ、裏山どうだろう…。

裏山に、栗の木はあるのか?!

裏山までは車で5分くらい。

山の入り口までは、結構な坂道なのでいつもは車。でも今日は自転車で向かう。

最近、自分で自転車を漕ぐブームにつき。

もはや母の自転車の後ろには乗らず。

そのために、初めて通った山へ続く坂道だった。

(山への近道だと期待して、二人で息を切らしながら。)

やがてフッと現れた栗の木。

なんて立派な栗の木だろう。

こんな坂道の途中にあったなんて。

しかも、頭上から「ボトボトっ」。

栗が落ちた。

こんな大きな実、初めてです。

たわわに実る、を目の前にして。

なんだろな。

この、絶妙なタイミング。

居合わせというもの。

対自然に。

ひびき、あなたスゴイや…。

子どもの願いは神さまに通じる。

ABOUTこの記事をかいた人

白川奈保

埼玉出身、2013年~香川へ。 日常は、介護、医療、福祉に関するフリーの物書きとオーガニックなお店の店員。 好きなもの:沖縄、南米、高校野球、音楽いろいろ。 FBでは向田奈保で検索を(^^) 物書きの仕事では、こちらの名前で書いています。 facebookでは「向田奈保」です。(仕事では旧姓使用のため)